Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

サーバー構築 2017.08.29

VPSでWordPressサイトを運用するサーバー構築(16)〜HTTPサーバーのバーチャルホスト設定〜

Tags: ,,
最終更新日:Update

前回に引き続き、同じIPアドレスで複数のドメインを紐づけてサイトを運用していくための作業を進めていきたいと思います。それぞれのWordPress本体とデータベースの準備が終わりましたので、次はHTTPサーバーのバーチャルホストの設定を行なっていきます。

 

このバーチャルホストですが、仮想的にホストを切り分けることができるHTTPサーバー(Apache)の機能で、これにより複数のドメインを同じIPアドレスに紐づけることができます。

 

1. バーチャルホストの設定を行う

1-1. HTTPサーバーの設定ファイル「/etc/httpd/conf/httpd.conf」のバックアップを取っておきます。

 

1-2. HTTPサーバーの設定ファイルの内容をバーチャルホスト用に下記の通り編集します。

#ServerName www.example.com:80   // 編集前
↓
ServerName localhost:80   // 編集後

 

1-3. バーチャルホストの設定ファイルを任意の名前で「/etc/httpd/conf.d/」配下に作成します。今回は例として「vhost.conf」というファイル名で新規作成します。

# cd /etc/httpd/conf.d/
# vim vhost.conf

 

1-4. 先ほど作成したバーチャルホスト設定ファイル「/etc/httpd/conf.d/vhost.conf」に下記の内容を追記します。サイトが複数ある場合はそのサイト分追記していきます。ServerNameにはそれぞれのドメイン名を、DocumentRootには先ほど作成したサイト別のディレクトリを指定します

<VirtualHost *:80>
  ServerName site1.example.com
  DirectoryIndex index.php
  AddDefaultCharset UTF-8
  DocumentRoot /var/www/html/wordpress-01/
  <Directory "/var/www/html/wordpress-01/">
    Require all granted
  </Directory>
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
  ServerName site2.example.com
  DirectoryIndex index.php
  AddDefaultCharset UTF-8
  DocumentRoot /var/www/html/wordpress-02/
  <Directory "/var/www/html/wordpress-02/">
    Require all granted
  </Directory>
</VirtualHost>

 

1-5. HTTPサーバーを再起動させ、編集内容を反映させます。再起動したらそれぞれのドメインに対してDNS設定を行い、表示されるかを確認します。

# service httpd restart

 


 

これで一つのIPアドレスに対して複数のドメインを紐づけることができました。こうすることでマルチサイトの運営も一元管理ができるようになります。

 

(参考)
Apache 2.4 でバーチャルホスト (仮想ホスト) を利用してHTTP Webサーバーを構築する

 

[shortcodefile file=’shortcode-developmentlab-001′]

 

 

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?