Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

サーバー構築 2017.07.31

VPSでWordPressサイトを運用するサーバー構築(7)〜HTTPサーバーのインストール〜

Tags: ,,
最終更新日:Update

これまでSSHの設定を行なってきましたが、次はWebサイトのデータを格納するHTTPサーバー(ウェブサーバー)をインストール、設定をしていきます。HTTPサーバーにはいろんな種類がありますが、今回はシェアの大きいApache(アパッチ)を扱っていきます。

 

1. HTTPサーバーのインストールとfirewall設定

1-1. サーバーへログインしてrootユーザーに切り替えます。続いて下記コマンドでHTTPサーバーをインストールします。途中で確認が入りますので「y」と入力し進めていきます。

# yum install httpd

 

1-2. 正しくインストールされているかは下記コマンドで確認できます。バージョンが表示されていればOKです。

# httpd -v

 

1-3. インストールが完了したら下記コマンドでHTTPサーバーを再起動させます。

# systemctl start httpd

 

1-4. HTTPとHTTPSのプロトコルについて下記コマンドでfirewallの設定で許可します。それぞれコマンドを実行し「success」と表示されれば完了です。

# firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
# firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanent

 

1-5. 下記コマンドでfirewallを再起動させて設定を反映させます。再起動後ブラウザで「http://IPアドレス」のURLでテストページが表示されるかを確認します。

# systemctl restart firewalld

 

2. HTTPサーバーの自動起動設定

2-1. 下記コマンドでサーバー起動時に自動的にHTTPサーバーも起動するよう設定します。

# systemctl enable httpd

 

2-2. 正しく設定がされているかを下記コマンドで確認します。サーバーのステータス情報が一覧で表示されるので「httpd.service」の項目が「enabled」になっていれば完了です。

# systemctl list-unit-files -t service

 


 

これでHTTPサーバーがVPSの中に入りました。次回以降で実際にWebページファイルのアップロードを行い確認していきます。

 

(参考)
ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第三回「Apacheをインストールしよう」

 

[shortcodefile file=’shortcode-developmentlab-001′]

 

 

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?