OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Postmanの導入で捗るAPI開発やデバッグ

最終更新日:2019.8.8 Update!!
バックエンドでAPIの開発やデバッグ行うときにはGUIツールの「Postman」がオススメです。データ取得のGETメソッドはもちろんのこと、ブラウザからは難しいPOSTでAPIを叩くケースなどもアプリ上から簡単に実行することができます。無料で使えるので是非導入しておきたいですね。  
Postmanのインストール
インストーラーのダウンロードですが、まずは公式サイト(https://www.getpostman.com/)にアクセスします。表示される画面に大きく「Get Started」のボタンがあるのでクリックしてダウンロードページに進みます。 Postmanの導入で捗るAPI開発やデバッグ   Macであればそのままダウンロードボタンが表示されていますので、クリックするとインストーラーファイルのダウンロードが始まります。その他のOSの場合は下のリンクを選択します。 Postmanの導入で捗るAPI開発やデバッグ   インストールが終了し、アプリを立ち上げるとこのような画面が表示されます。メインの操作エリアは大きく2つに分かれており、上部には「リクエスト」下部は「レスポンス」のデータを扱う部分になります。そして最上部にはGETやPOSTといったAPIのメソッドを選択する項目と、アクセスするAPIのURL入力のフォームが設置されています。 Postmanの導入で捗るAPI開発やデバッグ    
APIにアクセスしてGETメソッドでデータを取得する
開発によって様々な使い方がありますが、基本的な使い方として、GETのメソッドでAPIにアクセスし、データを取得する例を見ていきます。   まずはメソッドをGETに設定し、APIのURLを入力します。そして「Send」のボタンをクリックすると下記のようにレスポンスのBodyタブを選択するとレスポンスの結果エリアにデータが表示されます。表示オプションも様々な設定が可能です。 Postmanの導入で捗るAPI開発やデバッグ    
リクエストボディの値をPOSTメソッドでレスポンスとして取得する
ブラウザから直接POSTのAPIを叩くためには専用に実装などが必要になりますが、Postmanを使うことで手軽に試すことができます。先ほどと同じくPOSTのメソッドを指定し、APIのURLを入力します。   そして、リクエストのところでBodyタブを選択し、入力エリア内に値を直接入力します。ここではJSON形式で値を入れる前提のため「raw」の形式で右側にあるフォーマットを「JSON」で選択しています。そして、上部にある「Send」ボタンをクリックすると、下のレスポンスのエリアにレスポンスボディとして、リクエストボディでPOSTした値が返ってくるのが確認できます。 Postmanの導入で捗るAPI開発やデバッグ   また、それ以外にもPostmanではいろんな機能が用意されています。認証系のAPIで必須となるAuthorizationの設定やレスポンスヘッダ、リクエストヘッダなどの値も確認することができます。 Postmanの導入で捗るAPI開発やデバッグ Postmanの導入で捗るAPI開発やデバッグ  
  今回はAPI開発が捗るツールのPostmanについて導入と基本的な使い方についてまとめていきました。バックエンドの開発でAPIを実装する際には是非とも導入しておきたいツールですね。
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram