OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

WordPressサイトを作成するときに使うローカル環境はMAMPやDockerなどをずっと使っていましたが「Local by Flywheel」という便利なものが登場し、使いやすかったので乗り換えました。今回はLocal by FlywheelでWordPressのローカル環境を構築するフローをまとめておきたいと思います。  
Local by FlywheelのインストールからWordPressサイトの作成
まずはサイトにアクセスし、ダウンロードボタンをクリックします。ダイアログが表示されるのでOSの環境を選択し、その他項目も入力していきます。 【Local by Flywheel | Local WordPress development made simple】 https://local.getflywheel.com/   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化 Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化   確定ボタンを押すと間も無くインストーラーのダウンロードが始まります。状況によっては少し時間がかかる場合もあるようです。   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化   ダウンロードが完了するとインストーラーを立ち上げます。ウィンドウが表示され、ボタンをクリックすると仮想環境の構築が始まります。少し時間がかかるので待ちましょう。   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化 Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化   環境構築が完了するとこのような画面に切り替わり、中央にある「CREATE A NEW SITE」をクリックします。   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化   ローカルに作成されるWordPressサイトの設定を行います。サイト名を入力し、詳細設定ではURLやローカルに保存されるパスが設定できます。「CONTINUE」をクリックして先に進めていきます。   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化   次は開発環境の設定を行います。PHPや各種サーバーのバージョンなどを設定します。このようにバージョン違いのWordPressローカル環境を用意できるのは大きなメリットですね。   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化   最後にWordPressの設定を行います。IDやパスワードを設定し、必要に応じてデフォルト設定として保存することも可能です。「ADD SITE」をクリックします。   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化 Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化   開発環境の設定で変更があった場合はこのような形でサーバーなどの設定が始まります。少し時間がかかる場合もありますので少し待ちましょう。終了するとダッシュボードに表示が切り替わり、続いてWordPressのインストールが始まります。   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化 Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化   WordPressのインストールが完了すると、ダッシュボードで確認することができます。ここでは複数のWordPressサイトを管理することができます。「VIEW SITE」をクリックするとブラウザでサイトを確認することができます。   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化 Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化   もちろん管理画面へログインすることも可能です。初期状態では英語表示担っているので日本語に変更します。「設定」→「一般」から言語とタイムゾーンを変更します。   Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化 Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化  
  いろんなローカル環境ツールがありますが、WordPressに限って言えばこのLocal by Flywheelが一番使いやすいのではないでしょうか。複数のサイトを管理できるので、クライアントワークの制作フローにも活用できそうですね。
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram