OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー

先日参加してきたWordBenchでのセミナー内容になるのですが、GitのホスティングサービスであるGitHubで別の共有リポジトリをフォークして、そのリポジトリへプルリクエストを送るまでのフローをまとめていきます。チームで開発するときなどに、各コーダーからの制作進捗を管理するときなどに行われる一連の流れになるのではないでしょうか。  
フォークとプルリクエストについて
まずGitHubでは各々のアカウントでリポジトリを所有しこれらを公開・共有することができます。この他アカウントで公開されているリポジトリを自分のアカウント内にコピーすることを「フォーク」と呼びます。   そしてフォークしたリポジトリを編集していき、フォーク元であるオリジナルのリポジトリへマージ(統合)させる際に、オリジナルのリポジトリの所有者へマージの依頼を行うのが「プルリクエスト」という作業です。   つまり、公開されている他アカウントのリポジトリを編集してマージするまでの一連の流れで行う作業になります。大まかな流れとしては下記のようになります。 1. 公開されているリポジトリを自分のリポジトリとしてフォークする 2. フォークしてきたリモートにあるリポジトリをローカルへクローンする 3. クローンしたリポジトリで開発・編集を進めていく 4. 編集履歴をコミットしてリモートリポジトリへプルする 5. 編集履歴が反映された自分のリポジトリをオリジナルのリポジトリ所有者へプルリクエストする 6. オリジナルのリポジトリ所有者がプルリクエストを承認しマージされる   実際に行う時にはGitHub上での操作も出てきます。それでは、この流れの詳細を画面と合わせてみていきます。  
GitHubで行うフォークとプルリクエスト
まず初めにGitHub上でリモートリポジトリを作成するところも触れておきたいと思います。これらの作業は前提としてGitHubのアカウントが作成されている必要があります。持っていない場合はあらかじめ作成しておきます。まずはGitHubのサイト(https://github.com/)に行きログインします。ログインすると右上に選択肢が選べるようになるので「New repository」を選択し新規のリモートリポジトリをGitHub上に作成していきます。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   画面が切り替わり、所有者とリポジトリ名を設定し「Create repository」をクリックします。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   新規でリモートリポジトリが作成され、クローンする時に使うリポジトリのURLが発行されます。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   実際にクローンを行いローカルで編集したものをプッシュするとこのようにGitHub上でもコミットを確認することができます。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   ではいよいよ公開されている他アカウントのリポジトリを見ていきます。該当するアカウントのページへアクセスしフォークするリモートリポジトリのページへいきます。画面右上に「Fork」と表記されているところがあるのでそこをクリックします。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   画面が切り替わりリポジトリがフォークされていきます。少し時間がかかる場合もあるので完了までしばらく待ちます。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   フォークが完了すると自分のアカウント内にフォークしてきたリポジトリがコピーされているのが確認できます。画面右側の「Clone or download」からはローカルへクローンするときのリモートリポジトリURLが発行されています。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   このリポジトリをローカルへクローンして各作業を行い、コミットしてプッシュしリモートのリポジトリへ反映させます。ローカルへのクローンはSourcetreeなどのGUIツールを使用するか下記コマンドで行います。
$ git clone [フォークしたリモートリポジトリのURL]
  リモートリポジトリ上でコミットが確認できれば画面中程にある「New pull request」をクリックしプルリクエストを送る準備をしていきます。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   画面が切り替わり、プルリクエストするコミット内容の確認を行います。コミット内容に問題がなければ「Create pull request」をクリックします。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   オリジナルのリポジトリ所有者へ伝えるプルリクエストの内容を入力していきます。更新内容の説明やメッセージなどを適宜タイトルと本文に入力し、画面右下にある「Create pull request」をクリックします。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   これでオリジナルのリポジトリ所有者にプルリクエストが送信されました。あとはプルリクエストが承認されマージされる流れになります。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   その後プルリクエストが承認され、マージされるとこのような表示に切り替わります。   GitHubでリポジトリをフォークしてプルリクエストを送る制作フロー   いかがでしょうか、チームで開発する時にはもちろん、自らが作成したコードをGitHub上で公開することで、他の開発者からのフィードバックを得ることもできます。こうすることでより開発フローやプログラミングの質が高まっていくのだと思います。 チームで開発する時も一人でコードを書く時も、ぜひGitHubを活用するのもいいのではないでしょうか。
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram