OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する

最終更新日:2019.9.12 Update!!
複雑なパスの操作やベクターのグラフィックを扱うシーンなどは、AdobeのIllustratorが最も得意とする場面ですね。波線やジグザグ線なんかもIllustratorを使うと簡単かつあっという間に作成できてしまいます。今回はそんな波線やジグザグ線を使ったデザイン要素をIllustratorを使って作成してみたいと思います。   はじめに「ラインツール」で直線のオブジェクトを作成します。目的のデザインに合わせて線の太さは調整しておきます。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   オブジェクトを選択した状態で「効果」→「パスの変形」→「ジグザグ」をクリックします。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   ジグザグの設定パネルが表示されますので、大きさで波形の幅を、折り返しで波形の数を設定します。ジグザグ線を作成する場合には「ポイント」の項目を「直線的に」で設定します。プレビューをしながらだとわかりやすいですね。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   これで直線のオブジェクトにジグザグのパスの効果が設定された状態になりました。ただ、このままではオブジェクトを編集した場合に形が崩れてしまうのでアピアランスを独立させておきます。「オブジェクト」→「アピアランスを分割」をクリックします。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   これでオブジェクトとアピアランスが分割された状態になりました。アピアランスパネルにもパスの効果として表示されていないのが確認できます。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   アピアランスを分割しておくとオブジェクト自体を変形した場合にも柔軟に対応することができます。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   先ほどはジグザグ線でしたが、波線も作成することができます。ラインツールで直線を作成し、同じようにジグザグのパスの効果を適用させるところまで進め、設定パネル内の「ポイント」の項目を「滑らかに」で設定するとこのような波線の形になります。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   ジグザグ線の時と同じくアピアランスを分割しておきます。また、アピアランスは分割しなければパスの効果をアピアランスパネルからいつでも編集することができます。効果を確定させてから分割するようにします。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   こうすることでオブジェクトの編集にも耐えられるようになりますね。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   ちなみにですが、円などの図形の線に適用するとこのような形になります。バッジのデザインなんかも簡単に作成することができますね。 Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   色々とアレンジすることで、このような図形や模様のデザインを作成することができます。ちょっとした作業で作成できるので簡単ですね! Illustratorで波線やジグザク線のデザインを作成する   今回はIllustratorを使ってジグザグ線や波線のデザインを作成してみました。やはりこういった複雑なパスの操作になるとIllustratorの威力が発揮されますね。
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram