OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Sketchで手書き風のいびつな形の円を描いてみる

最終更新日:2019.4.14 Update!!
ベクターデータを扱う時にはIllustratorやSketchを使っているのですが、比較的簡単なものを扱う場合には動作が軽く、スピーディーに作業ができるSketchをよく使っています。今回はSketchを使って、柔らかいデザインを表現したい時に使える、手書き風のいびつな円を描いてみたいと思います。   手書きのパスで作成しても、なかなか綺麗な形にならずどうしても不自然な感じになりますが、アンカーポイントを調整することで簡単にできてしまうので、ぜひ覚えておくといいのではないでしょうか。これくらいの図形であればIllustratorでなくてもSketchで十分作れてしまうので、それでは早速作ってみましょう!   まず初めに「Ovalツール」で円もしくは楕円のオブジェクトを作成します。 Sketchで手書き風でいびつな形の円の描いてみる   作成したオブジェクトをダブルクリック、もしくは「Editモード」に切り替えてアンカーポイントとハンドルを表示させます。この時はアンカーポイントの形状が、曲線で対称な「Mirrored」になっています。 Sketchで手書き風でいびつな形の円の描いてみる   全てのアンカーポイントを選択して、右側のパネルからアンカーポイントの形状を、曲線で非対称の「Asymmetric」に変更します。これで形を変える準備ができました。 Sketchで手書き風でいびつな形の円の描いてみる   まずは、全てのアンカーポイントのハンドルの長さをランダムでバラバラに変更していきます。仕上げたい形状を意識しながらハンドルの長さを調整していきます。 Sketchで手書き風でいびつな形の円の描いてみる   次に、アンカーポイントの位置を最初の場所から上下左右にずらしていきます。この時もランダムになるようバラバラの位置にしておくのがポイントです。 Sketchで手書き風でいびつな形の円の描いてみる   最後にハンドルの傾きを変えて形を整えていきます。あまり大きく動かすと円の形から離れてしまうので注意が必要です。 Sketchで手書き風でいびつな形の円の描いてみる   これで手書き風のいびつな円の形が出来上がりました。最初の形と比べてみると違いがわかりますね。 Sketchで手書き風でいびつな形の円の描いてみる   出来上がったオブジェクトは、異なる色をオーバーレイ状に重ねて、大きさや回転軸・位置などをずらすも良し、塗りと線画にわけて重ねるのも良し、またはアウトラインのみで何重にも合わせてみてもデザインのアクセントになるのではないでしょうか。 Sketchで手書き風でいびつな形の円の描いてみる Sketchで手書き風でいびつな形の円の描いてみる  
  いかがでしょうか、柔らかい雰囲気やポップな印象を与えたいときに使えるデザイン素材として重宝するのではないでしょうか。今回はSketchで作成しましたが、もちろん同じような方法でIllustratorでも作成することができます。デザイン素材としてベクターデータもあちこちで用意されていますが、比較的簡単に作成できるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram