OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)

最終更新日:2018.1.7 Update!!
前回記事のワークショップ「【デザインワークショップ】vol.2 モデル写真のレタッチ(ベースメイク編)」に引き続き、今回はポイントメイクを施していき仕上げていきたいと思います。本物のメイクアップのようにアイシャドウや口元のメイクなどを行っていきますので、そのあたりも是非ご注目ください!   ※前回記事 【デザインワークショップ】vol.2 モデル写真のレタッチ(ベースメイク編)のおさらい ・STEP1.肌荒れを隠してきめ細やかな肌にする ・STEP2.シミ、そばかす、シワ、ほうれい線を消す ・STEP3.輪郭をシャープに修正 ・STEP4.鼻筋を通してくっきりとした顔立ちに   前回のベースメイクを施したものがこちらです 【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編) こちらの写真にポイントメイクを施していきたいと思います  
STEP5.シャドウとアイラインをいれて目元のメイクアップ
  1. 編集するためのレイヤーを新規作成しわかりやすいように名前をつける   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     2. ブラシで色をつけていく(描画モード:シャドウ→ソフトライト、アイライン→オーバーレイ)   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)    
STEP6.まつげを増やしてボリュームアップ
  1. まつ毛ブラシを準備します   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     2. 新規レイヤーを作成しまつ毛ブラシでまつ毛を描きます   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     3. ワープツールで眉尻側のまつ毛にボリュームが出るように変形する   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)    
STEP7.口角を上げてツヤと潤いのある唇にする
  1. ゆがみフィルターで口角が上がるように変形する   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     2. 新規レイヤーを作成し唇の部分を選択して切り抜く(選択範囲はなじませるために少しぼかす)   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     3. 切り抜いた唇部分のレイヤーを複製し背面のレイヤーにぼかしフィルターを適用する   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     4. 表面のレイヤーをレベル補正でハイライトを強くする   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     5. 表面のレイヤーの描画モードをスクリーンに変更し透明度を調整する   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     6. 消しゴムツールで唇の周囲をなじませていく   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)    
STEP8.カラーコンタクトのように瞳の色を変える
  1. レイヤーを複製し瞳の部分をクイックマスクモードで色をつける範囲を塗りつぶす   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     2. クイックマスクモードから選択範囲に変更し瞳部分を切り抜く   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     3. 切り抜いた瞳部分のレイヤーに色相・彩度を設定し目的の色に調整する   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     4. 切り抜いた瞳部分のレイヤーの描画モードを変更し調整する   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     最後に眉毛部分を焼き込みツールでコントラストをつけて透明度で調整すると完成です!   【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     では、編集前とベースメイク後、ポイントメイク後の変化を比べてみましょう   【編集前】 【デザインワークショップ】vol.2 モデル写真のレタッチ(ベースメイク編)   【ベースメイク後】 【デザインワークショップ】vol.2 モデル写真のレタッチ(ベースメイク編)   【ポイントメイク後】 【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)     いかがでしょうか、2回にわたりレタッチのテクニックについて紹介してきましたが、まるで実際に化粧をしたような変化ですよね!   レタッチでここまで変えることができるなんて、改めてPhotoshopの凄さに気付かされます。。これらのテクニックは実際のデザインワークでも十分使えるものですので、ぜひ皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか?  
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram