OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

ウェブサイトコーディングでよく使用するjQueryセレクタのまとめ

最終更新日:2019.7.12 Update!!
今やウェブサイト制作には欠かせないjQueryですが、CSSと同じくセレクタというとても便利な機能があります。過去の記事でも紹介しましたが、主に要素を指定する際に用いるセレクタを使いこなすことで効率よくコーディングを進めることができます。   今回は前回のCSSに引き続き、jQueryでよく使用するセレクタをまとめていきたいと思います。   ※前回の記事【ウェブサイトコーディングでよく使用するCSSセレクタのまとめ 】はこちら  
1. 全称・タイプ・クラスセレクタ
【ユニバーサルセレクタ】すべての要素を指定する。
E 【要素セレクタ】E要素すべてを指定する。
E.クラス名 【クラスセレクタ】指定したクラス名をもつ要素を指定する。
E#id名 【idセレクタ】指定したid名をもつ要素を指定する。
   
2. 子孫・隣接・複数セレクタ
E F 【子孫セレクタ】E要素の子要素・孫要素であるF要素すべてを指定する。
E>F 【子セレクタ】E要素の子要素であるF要素すべてを指定する。
E+F 【隣接セレクタ】E要素の直後にあるF要素一つを指定する。
E〜F 【間接セレクタ】E要素の後に登場するF要素すべてを指定する。
E,F 【複数セレクタ】E要素とF要素すべてを指定する。
   
3. 属性セレクタ
E[foo] 【属性セレクタ】E要素のfoo属性のものを指定する。
E[foo=’bar’] 【属性値完全一致セレクタ】E要素のfoo属性かつ値がbarのものを指定する。
E[foo^=’bar’] 【属性値前方一致セレクタ】E要素のfoo属性で値がbarから始まるものを指定する。
E[foo$=’bar’] 【属性値後方一致セレクタ】E要素のfoo属性で値がbarで終わるものを指定する。
E[foo*=’bar’] 【属性値部分一致セレクタ】E要素のfoo属性で値にbarが含まれるものを指定する。
E[foo~=’bar’] 【属性値部分一致セレクタ】E要素のfoo属性で値にスペースで区切られ独立しているbarが含まれるものを指定する。
E[foo!=’bar’] 【属性値一致否定セレクタ】E要素のfoo属性で値にbarが含まれないものを指定する。
E[foo=’bar1’][foo=’bar2’][foo=’bar3’] 【属性値複数完全一致セレクタ】E要素のfoo属性で値がbar1とbar2、bar3全てが含まれるものを指定する。
   
4. 要素セレクタ
E:first 【firstセレクタ】最初のE要素を指定する。
E:last 【lastセレクタ】最後のE要素を指定する。
E:odd 【oddセレクタ】奇数番目のE要素を指定する。
E:even 【evenセレクタ】偶数番目のE要素を指定する。
E:eq(n) 【eqセレクタ】n番目のE要素を指定する。
E:lt(n) 【ltセレクタ】n番目以前のE要素を指定する。
E:gt(n) 【gtセレクタ】n番目以降のE要素を指定する。
E:animated 【animatedセレクタ】アニメーション状態のE要素を指定する。
E:empty 【emptyセレクタ】空要素になっているE要素を指定する。
E:has(F) 【hasセレクタ】指定されたF要素を子孫にもつE要素を指定する。
E:contains(テキスト) 【containsセレクタ】指定された特定の文字列(テキスト)を含むE要素を指定する。
E:hidden 【hiddenセレクタ】非表示になっているもしくはhidden属性であるinput要素のE要素を指定する。
E:visible 【visibleセレクタ】表示状態になっているE要素を指定する。
   
5. フォームセレクタ
E:enabled 【enabledセレクタ】利用できる状態になっているE要素を指定する。
E:disabled 【disabledセレクタ】利用できない状態になっているE要素を指定する。
E:checked 【checkedセレクタ】チェックが入っているE要素を指定する。
E:selected 【selectedセレクタ】選択されているE要素を指定する。
   
thisを用いた要素の指定
javascriptで要素を指定する際に「this」というものを用いることがあります。ある要素に対しての関数内において、その関数を設定している要素を下記のようにthisを使用した要素指定を行います。こうすることにより、関数が設定された要素に対して指定することができます。
$("button").on("click",function(){

 // このthisは関数の対象要素を指します
 $(this).css("background","#f00");

});
  いかがでしょうか。このほかにもいろいろなセレクタが存在します。要素の指定はコーディングを行う上でも多用しますので、是非覚えておきたいところですね!
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram