0%

Marketingウェブマーケティングブログ

Posted:2018.12.23

ウェブ制作に関係するライセンスについてのまとめ

この記事の目次

ウェブ制作を行っていると避けては通れないライセンスのお話です。よく見かけるとは思いますが、イマイチよくわからないというようなことはないでしょうか。今回はウェブ制作におけるライセンスについてまとめていきたいと思います。

 

ライセンスの主な分類

ライセンスをざっくりと分けると「コピーライト」「コピーレフト」「コピーセンター」「パブリックドメイン」の4種類に分類できます。これらは主に制約の厳しさの違いがあり、ライセンスについて詳しく知る上で、まずはこの4つについて理解することが大切です。

 

コピーライト 複製・改変・再配布・商用利用には著作権者の許可が必要
コピーレフト 許可なく複製・改変・再配布・商用利用が可能、ただしこれらは二次成果物に継承しなければいけない
コピーセンター 許可なく複製・改変・再配布・商用利用が可能、二次成果物への継承も不要
パブリックドメイン 著作権が消滅もしくは放棄された状態で、基本的には制約がなく自由に利用できる

 

このようにライセンスには、制約がそれぞれ異なり、利用する際にはこの部分をチェックする必要があります。制約の厳しさ順に並べると下記のようになります。

【コピーライト】>【コピーレフト】>【コピーセンター】>【パブリックドメイン】

 

ウェブ制作において知っておきたいライセンス

ウェブ制作を行う上で、たくさんのライセンスを見かけるかと思いますが、ここではよく目にする主なライセンスについてチェックしていきます。

 

1. Creative Commons ライセンス

国際的非営利組織であるCreative Commonsという団体が制定しており、主にクリエイティブ系の作品を保護する目的があります。このライセンスは「CCライセンス」とも呼ばれています。

【Creative Commons(日本語サイト)】
https://creativecommons.jp/

 

CCライセンスでは「クレジット表示(BY)」「商用利用の不可(NC)」「改変禁止(ND)」「二次成果物へ継承(SA)」という4つの条件があり、これらの条件が組み合わさった状態で、ライセンスが付与されます。下記にこれらの組み合わせパターンを自由度が高い順にまとめています。

 

表示(BY) クレジットの表示は必要ですが、改変・商用利用が可能でライセンスの継承も不要
表示・継承(BY+SA) クレジット表示と二次成果物への継承を条件に、改変と商用利用が許可される
表示・改変禁止(BY+ND) クレジット表示と改変しないことを条件に、ライセンスの継承不要で商用利用ができる
表示・非営利(BY+NC) クレジット表示と非営利での利用を条件に、ライセンスの継承不要で改変できる
表示・非営利・継承(BY+NC+SA) クレジット表示と非営利での利用、さらにライセンス継承しなければいけないが、改変はできる
表示・非営利・改変禁止(BY+NC+ND) クレジット表示と非営利での利用、さらに改変することができないが、ライセンスの継承は不要

 

CCライセンスでは基本的にクレジットの表記が必要になります。部分的ではありますがコピーライトに分類されるライセンスであると言えます。

 

2. GPLライセンス(General Public License)

WordPressでお馴染みのライセンスです。このライセンスでは商用利用をはじめ、自由に改変することができますが、二次成果物でもGPLライセンスに準拠させる必要があります。まさにコピーレフトの内容通りになるライセンスであり、二次成果物への制限が強くなります。

 

3. MITライセンス

マサチューセッツ工科大学で誕生したソフトウェアに関するライセンスで、ソースコードでよく見かけるのではないでしょうか。改変・商用利用も自由で、ライセンスの継承もないコピーセンターの分類となる自由度が高いライセンスです。ただしクレジットの表記が必要になります。

 

何のためにライセンスが必要とされるのか

ライセンスが存在する大きな理由はやはり著作権の保護ではないでしょうか。ウェブの世界ではその特性上、過去の成果物から発展してきたという歴史があります。そんな中で、やはり制作者の権利である著作権はしっかりと保護される必要があります。

 

著作権については当ブログでも過去記事「デザイン・ウェブ制作と著作権について考えてみる」で紹介していますのでこちらもご覧ください。

 

利用者がルールを守ることで、ウェブの世界の秩序が保たれ、より良い発展につながるのではないでしょうか。そのために必要なものがライセンスであると言えます。

 


 

いかがでしょうか、今回紹介したライセンス以外にも様々なライセンスが存在します。ウェブ制作の際には、しっかりとライセンスに対しての意識を持ち、それぞれの制約を確認するようにしましょう。

 

(参考にさせて頂いたサイト)
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは
ライセンスに関してWebデザイナーが知っておくべきこと

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】