0%

Marketingウェブマーケティングブログ

Posted:2018.06.25

サーチコンソールでウェブサイトの被リンクを調べてみる

この記事の目次

これまで当コンテンツでもSEOに関する記事をたくさん上げてきましたが、今回はウェブサイトの被リンクをチェックする方法をまとめていきます。被リンクを確認する方法はいくつかあるのですが、最も信用できて高く使いやすいグーグルのサーチコンソールを使ってみていきたいと思います。

 

SEO対策ではまだまだ評価基準となる「被リンク」

SEO対策においてはいろんな要素が評価基準になっていますが、その中でも被リンクというのは以前から重要視されてきました。最近ではそこまでという意見もありますが、まだまだSEO対策を考えると被リンクはあった方がいいのは間違いありません。

 

ただし、数が多ければいいというわけではなく、あくまで良質な被リンクであることが前提となります。具体的にどのようなサイトからの被リンクからというと例えば、アクセスが多いメディアサイトや、政府・行政関係のウェブサイト、また.co.jpなどのドメインをもつ企業サイトが挙げられます。

 

こういったサイトから良質な被リンクをもらうことで、そのウェブサイト自体の信頼性や権威というものが検索エンジンに評価されるようになり、上位表示に優位となります。

 

サーチコンソールで被リンクを確認する

どんなサイトからリンクをもらっているかを調べる方法ですが、被リンクを調査できるwebサービスを使うのもいいですが、ここではグーグルのサーチコンソールを使います。

 

調べ方も簡単で、まずはサーチコンソールのサイトへアクセスし、調べたいサイトの対象となるプロパティを選択しダッシュボードを表示させます。左側のメニューにある「検索アナリティクス」→「サイトへのリンク」を選択すると、サイトへのリンク情報が表示されます。

 

サーチコンソールでウェブサイトの被リンクを調べてみる

 

ここではトータルの被リンクの数と「リンク元のサイトドメイン」と「リンク先のページURL」が多い順に表示されています。また下部には検索結果に表示されるサイトリンクの候補も確認できます。

 

それぞれ詳細を確認していきましょう。まずはリンク元のドメインにある「詳細」リンクをクリックすると、全てのリンク元のドメインが確認できます。

 

サーチコンソールでウェブサイトの被リンクを調べてみる

 

これらのデータはCSVなどの形でより詳細な情報もまとめてダウンロードすることが可能です。

 

次にリンク先のページURLにある「詳細」リンクをクリックしますと、自サイトの被リンク対象となっている全てのページURLが確認できます。こちらもデータをダウンロードすることができます。

 

サーチコンソールでウェブサイトの被リンクを調べてみる

 

これらの情報から、

・リンク元のドメイン:どんなサイトからどれくらいの被リンクがあるか
 →信用できるサイトからの被リンクがあるかどうか?

・リンク先のページURL:どのページがどれくらい被リンクされているか
 →被リンクされるほどの価値を持つページがどんなものか?

を確認することができます。

 

現在の運用サイトにおける被リンクの状況を知ることで、これからの施策を検討する材料になるのではないでしょうか。

 

怪しい被リンクがたくさんある場合には「リンクの否認」を

先ほどの被リンク情報で、怪しいサイトから大量に被リンクを受けている場合はSEOの評価がマイナスになる恐れもあります。もしそのような状況であれば、「リンクの否認」をすることで、それらの被リンクを削除することができます。

 

こういった悪質な被リンクの制御もSEO対策で重要な施策であると言えます。これらの被リンクを削除したい場合は、リンクの否認ページから対処できます。

 

その前に、先ほどの「リンク元のドメイン」の詳細から「最新のリンクをダウンロードする」でリンク元のURLデータをダウンロードして、問題となる削除したいリンク元のURLをピックアップしておきましょう。

 

サーチコンソールでウェブサイトの被リンクを調べてみる

 

次に、先ほどピックアップした削除したいリンク元URLを下記のフォーマットで.txtファイルの形式で作成していきます。(ファイル名は任意のもので)

【link-denial.txt】

# リンクを否認したいURL
domain:example-01.com
domain:example-02.com
domain:example-03.com

 

リンクの否認ページ画面が表示されると、対象となるウェブサイトを選択し「リンクの否認」ボタンをクリックします。

 

サーチコンソールでウェブサイトの被リンクを調べてみる

 

画面が切り替わり、警告文をよく確認した上で問題なければ同じく「リンクの否認」ボタンをクリックします。

 

サーチコンソールでウェブサイトの被リンクを調べてみる

 

続けて画面が切り替わり、先ほど作成したリンクを否認したいURLをまとめたテキストファイルをアップロードして送信ボタンをクリックします。あとはクローラーが検知するのを待ちます。

 

ちなみに、このアップロードしたファイルは常に上書きされるので、新たにアップロードするファイルには、これまで否認したリンクに追加しておくようにします。

 


 

いかがでしょうか、被リンクだけでSEO対策が決まるものではありませんが、まだまだ重要な要素でもありますので、機会があればチェックしておくようにしましょう。

 

(参考にさせて頂いたサイト)
Search Console ヘルプ バックリンクを否認する

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】