0%

Programmingプログラミングナレッジ

Posted:2019.08.16

CSSで禁則処理・テキストの折り返しと改行やスペースの振る舞いを制御する

CSSにはいろんなプロパティがありますが、テキストにおける禁則処理などの振る舞いもCSSで制御することができます。ただ、よくわかりにくいイメージがあり、今回改めてどのような設定があるのかをまとめてみたいと思います。ここでは「word-break」「overflow-wrap」「white-space」の3つのプロパティを見ていきます。

 

【word-break】テキスト文章内における改行位置を調整する

word-breakはテキストの禁則処理についてのプロパティです。テキストの折り返しを制御します。禁則処理が強い順から「keep-all」「normal」「break-word」「break-all」になります。

normal 英語は単語の切れ目で改行、日本語は表示領域の端に合わせて改行される初期値。
break-all 禁則処理が解除された状態で、全てのテキストが単語に関係なく表示領域の端に合わせて改行。
keep-all 英語、日本語全て単語の切れ目で改行。
break-word 表示領域の幅に影響する場合には、単語の中でも改行される。

 

 

【overflow-wrap】単語内での改行の可否を決める

overflow-wrapは単語内でのテキスト折り返しの可否を指定できます。旧プロパティでは「word-wrap」となり、レガシーブラウザ用の互換用として残されている。目的としては同じです。表示領域内に収まるよう文章を配置した場合には「break-word」を指定するのがセオリーです。

normal 表示領域を超えても単語の途中では改行させない。
break-word 表示領域の幅に影響する場合には、単語の中でも改行される。
anywhere break-wordと同じく単語の中でも改行されるが、コンテンツ幅に単語内の分割によって折り返されたサイズが考慮される。

 

 

【white-space】スペースや改行の表示方法を指定

空白文字(スペースやタブ)や改行(改行文字や改行タグ)に対して要素内でどのように表示させるかを指定します。ウェブアプリでテキストを投稿し、HTMLソースとして表示させる時などに使われることが多いのではないでしょうか。

normal 連続する改行や空白文字は、1つの改行もしくは空白文字として扱い表示され、表示領域に合わせてテキストを折り返す。
nowrap 連続する改行や空白文字は、1つの改行もしくは空白文字として表示され、テキストの折り返しをしない。
pre 連続する改行や空白文字は、そのまま表示され、テキストの折り返しをしない。
pre-wrap 連続する改行や空白文字は、そのまま表示され、表示領域に合わせてテキストの折り返す。
pre-line 連続する改行は、そのまま表示され、連続する空白文字は1つの空白文字として扱い、表示領域に合わせてテキストを折り返す。

 

 

これらのプロパティはあまり目立たず、よくわからず使ってしまいがちですが、テキストが含まれるレイアウトや、HTMLデータを取得して表示させる場合などには理解しておく必要があるので、ぜひ覚えておきたいですね。今回のサンプルはこちらに用意しましたのでイメージしやすいのではないでしょうか。

 

(参考にさせて頂いたサイト)
word-break – CSS: カスケーディングスタイルシート | MDN
overflow-wrap – CSS: カスケーディングスタイルシート | MDN
white-space – CSS: カスケーディングスタイルシート | MDN

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】