0%

Programmingプログラミングナレッジ

Posted:2018.02.05

.htaccessの設定でオリジナルのエラーページを表示する

過去記事「ウェブサイト運用で知っておくと便利なHTTPレスポンスのステータスコード一覧」でサーバーから返ってくるエラーコードをまとめておりますが、エラーの場合はデフォルトだと英字でエラーの詳細が表示される仕様になっています。

 

.htaccessの設定でオリジナルのエラーページを表示する

 

この形ですとユーザー側からすると少し不親切になってしまいますので、ページトップへのリンクや少しデザインを入れてみるなどで、ユーザビリティを向上させることができます。そこで今回はオリジナルのエラーページを.htaccessを使って表示させる方法をまとめていきたいと思います。

 

.htaccessへインデックスの非表示とエラー用のページを指定

今回の作業は.htaccessへ指定を行なっていくのですが、まずは下記の指定でデフォルトで表示されるディレクトリのインデックスページを表示させないようにしておきます。

Options -Indexes

 

これでディレクトリのインデックスページが表示されなくなりますが、代わりに403エラー(Forbidden)が返ってきます。そこでこれらのエラー画面をオリジナルのページを表示させるように指定していきます。その前にそれぞれのエラー画面をHTMLで用意しておきます。

 

エラー画面が用意できれば下記の指定を.htaccessに追記していきます。具体的には各エラーに対応するHTML画面のページファイルを指定していく形になります。

ErrorDocument 400 http://example.com/400error.php
ErrorDocument 401 http://example.com/401error.php
ErrorDocument 403 http://example.com/403error.php
ErrorDocument 500 http://example.com/500error.php
ErrorDocument 503 http://example.com/503error.php

 

.htaccessの設定でオリジナルのエラーページを表示する

 

テストするとこんな感じで表示されるようになりました。表示頻度が高いのもは用意しておくのがいいのではないでしょうか。

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】