0%

Programmingプログラミングナレッジ

Posted:2018.01.08

Sassのコンパイル時に発生するListen will be polling for changes.のエラー対処法

先日、Sassのコンパイル時に「Listen will be polling for changes. Learn more at https://github.com/guard/listen#polling-fallback.」といったエラーが表示されました。色々と厄介だったので備忘録として残しておきたいと思います。

 

エラーが発生したタイミング

Sassのwatchコマンドを実行したタイミングでエラーが発生しました。Listen warningと表示されています。

[Listen warning]:
 Listen will be polling for changes. Learn more at https://github.com/guard/listen#polling-fallback.

 

調べてみるとlistenのインストールが必要とのこと、なので下記コマンドでlistenをインストールしてみる。

$ sudo gem install listen
〜 略 〜
ERROR: Error installing listen:
 ruby_dep requires Ruby version >= 2.2.5, ~> 2.2.

Rubyのバージョンが低いためlistenのインストールができず、、以降は下記の作業で解決しました。

 

解決までの行なった作業を時系列で

1.HomebrewでRubyをインストール → Homebrewのアップデート → Rubyインストール失敗

HomebrewでRubyをインストールするもののHomebrewが古いためアップデートが始まる。Homebrewのアップデートが完了し再度Rubyをインストールするものの、今度はxcodeがらみのエラーが、、

Error: Xcode alone is not sufficient on Sierra.
Install the Command Line Tools:
 xcode-select --install

 

2. Command Line Toolsのインストール

エラーの指示通り、下記コマンドを入力しCommand Line Toolsをインストール。ダイアログが表示されるので画面の指示に従ってインストールを進めていく。

$ xcode-select --install

 

3. HomebrewでRubyをインストール

インストールが完了したら再度HomebrewでRubyをインストールします。

$ brew install ruby
〜 略 〜
==> Summary
🍺 /usr/local/Cellar/ruby/2.5.0: 3,323 files, 18.4MB

$ ruby -v
ruby 2.0.0p648 (2015-12-16 revision 53162) [universal.x86_64-darwin16]

インストールが完了しバージョンを確認してもまだ古いバージョンで表示されてしまいます、、調べてみるとPATHを通す必要があるとのこと。

 

4. インストールしたrubyのPATHを通す

下記コマンドで.bashrcファイルにPATHを通す記述をします。保存したら更新して反映させます。

$ vim .bashrc

export PATH=$PATH:/usr/local/Celler/ruby/
:wq

$ source .bashrc

PATHを通したら再度バージョンを確認、無事にアップデートできました。

$ ruby -v
ruby 2.5.0p0 (2017-12-25 revision 61468) [x86_64-darwin16]

 

5. listenのインストール

ここまできたらやっと最初にやりたかったlistenのインストールを行います。下記のコマンドを入力します。

$ sudo gem install listen
〜 略 〜
Done installing documentation for rb-fsevent, ffi, rb-inotify, ruby_dep, listen after 14 seconds
5 gems installed

 

上記の作業を完了後、Sassでwatchコマンドを入れてみると無事にエラーが無くなりました。色々と疲れました、、お困りの方は参考に!

 

(参考)
sass –watch をしたら Listen will be polling for changes. Learn more at https://github.com/guard/listen#polling-fallback. となってしまった時の対応方法

MacでPATHを通す

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】