プログラミングナレッジKnowledgeSide

2017.11.18

jQueryで実装するページ内アンカーリンクとページトップへのスクロール

今回もクライアントワークでのウェブサイト制作でよく使うものを備忘録としてまとめていきます。ランディングページなどコンテンツが多く、縦に長くなりがちなページに必須の、ページ内アンカーリンクやページトップへの移動をスクロールで行う機能です。

 

アンカーリンクを設定するだけでも機能的には問題が無いのですが、スクロールのアニメーションをつけることで、ユーザーが移動している体感を得れるのでわかりやすくなりますよね。それではまとめてコードを見ていきます。

 

ページ内アンカーリンクへスクロールで移動

まずはHTMLですが、アンカーへのリンクを設定するナビゲーションとなる要素をaタグで用意します。hrefの値にはアンカーとなる要素のid名を指定します。スクロールのエフェクトをつけるものはわかりやすくClass名を振っておくと便利です。

【HTML】※一部抜粋

// アンカーリンク
<ul class="anchor-nav">
  <li><a href="#anc-01" class="anchor-link">アンカー1へのリンク</a></li>
  <li><a href="#anc-02" class="anchor-link">アンカー2へのリンク</a></li>
  <li><a href="#anc-03" class="anchor-link">アンカー3へのリンク</a></li>
  <li><a href="#anc-04" class="anchor-link">アンカー4へのリンク</a></li>
</ul>

// アンカーセクション
<div id="anc-01">アンカー1のセクション
</div>
<div id="anc-02">アンカー2のセクション
</div>
<div id="anc-03">アンカー3のセクション
</div>
<div id="anc-04">アンカー4のセクション
</div>

そしてjQueryでは、アンカーリンク要素のクリックでイベントを設定し、href値の取得からアンカーリンクが設定されている要素の位置を出して、トップからのスクロール量をアニメーションで移動させる。という形になります。

【javascript】

$(function(){
  $('a[href*="#"].anchor-link').on('click',function() {
    var speed = 400;
    var href= $(this).attr("href");
    var target = $(href == "#" || href == "" ? 'html' : href);
    var position = target.offset().top;
    $('body,html').animate({scrollTop:position}, speed, 'swing');
    return false;
  });
});

 

ページトップへスクロールで移動

今回はページ上部では表示されずに、ある程度スクロールしたら現れるというエフェクトも追加してみます。サンプルのコードですが、HTMLはシンプルでページトップのクリックさせる要素を設置します。そしてCSSで適宜場所を固定して表示させておき、それ以外はデザインに合わせてスタイリングします。この時に表示される方向への位置指定はjQuery側での操作になりますので、CSSでは指定しないようにしておきます。

【HTML・CSS】

// HTML
<div id="scrolltop">ページトップへ
</div>

// CSS
#scrolltop {
  background: rgba(0,0,0,.7);
  text-align: center;
  color: #fff;
  padding: 10px;
  position: fixed;
  right: 15px;
  z-index: 100;
}

次にjQueryの方ですが、まずは現在のスクロール量を判別してページトップボタンを表示切り替えを行うところから始まります。スクロール量を指定した閾値を条件に、bottomの値をマイナスにして画面外にすることで、画面外から現れるアニメーションが表現されます。そしてスクロールトップの要素をクリックした時に、スクロール量が0つまりページ先頭の位置までの移動をアニメーションになるようにします。

【javascript】

$(function(){
  var threshold = 200
  var topBtn = $('#scrolltop');
  topBtn.css('bottom', '-100px');
  $(window).on('scroll',function () {
    if ($(this).scrollTop() > threshold) {
      topBtn.stop().animate({'bottom' : '30px'}, 200);
    } else {
      topBtn.stop().animate({'bottom' : '-100px'}, 200);
    }
  });
  topBtn.on('click',function () {
    $('body,html').animate({
      scrollTop: 0
    }, 500);
    return false;
  });
});

このように少しのコードであると便利な機能を実装することができます。ちょっとしたものですが、あるのと無いのでは大きく違ってきますね。今回のサンプルはこちらに用意しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
>>記事一覧に戻る