プログラミングナレッジKnowledgeSide

2016.03.23

変数でHTMLを指定し動的に生成する(javascript編)

クリック時など特定のイベントが発生したタイミングや、動的にHTMLソースコードを変更したり生成する場合に、またif文などの条件分岐やfor文での繰り返しにも使えます。変数にHTMLコードを指定しますが、長くなってしまうと編集しにくくなるのでわかりやすく書くことも大切です

 

【HTML】動的に生成する前

<div id="wrap">
  <script>
  <!-- ここへHTMLの変数を指定したjavascriptコードを記入 -->
  </script>
</div>

 

HTMLを出力する方法はいくつかありますが、今回は以下の2つを例にあげます。

 

1. document.write()を使う

【javascript】

var h = '<div class="inner_01">'
      + 'コンテンツ1'
      + '</div>'
      + '<div class="inner_02">'
      + 'コンテンツ2'
      + '</div>' 
      + '<div class="inner_03">'
      + 'コンテンツ3'
      + '</div>';
document.write( h );

 

2. .innerHTML()を使う

【javascript】

var h = '<div class="inner_01">'
      + 'コンテンツ1'
      + '</div>'
      + '<div class="inner_02">'
      + 'コンテンツ2'
      + '</div>' 
      + '<div class="inner_03">'
      + 'コンテンツ3'
      + '</div>';
document.getElementById('wrap').innerHTML = h ;

 

まず変数を宣言しますが、ポイントになるのは、わかりやすく改行するのと「+」で繋げている点でしょうか。あまり長いコードを記述するのは適しませんが、コードの量が多い場合にはわかりやすくなります。

 

【HTML】出力ソースのイメージ

<div id="wrap">
  <div class="inner_01">コンテンツ1</div>
  <div class="inner_02">コンテンツ2</div>
  <div class="inner_03">コンテンツ3</div>
</div>

 

このように変数に置き換えられたHTMLがそのまま出力されます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
>>記事一覧に戻る