0%

Programmingプログラミングナレッジ

Posted:2016.03.18

single.phpをカテゴリ別に分けて作成する

WordPressのテンプレートファイルにあるsingle.phpは、投稿の個別詳細ページにあたるテンプレートファイルです。このsingle.phpは通常投稿の場合、テーマの中に一つしかないため、カテゴリごとにデザインやレイアウト、コンテンツを変えたいといった場合に自由度がかなり下がってしまいます。

 

その場合は次のようにsingle.phpの中にカテゴリースラッグ名でテンプレートファイルを分岐できるようにコードを記述するとOKです。

 

【single.php】

<?php
if ( in_category(' カテゴリーAのスラッグ ') ) {
  include(TEMPLATEPATH . '/single-カテゴリーAのスラッグ.php');
  } else if ( in_category(' カテゴリーBのスラッグ ') ) {
  include(TEMPLATEPATH . '/single-カテゴリーBのスラッグ.php');
  }else {
  include(TEMPLATEPATH . '/single-その他のカテゴリー.php');
  }
?>

 

カテゴリースラッグ名で分岐されたテンプレートファイルの名前は自由に設定できますが、single-◯◯◯.phpなどにしておくとわかりやすいです。また親テーマでなく子テーマの場合はTEMPLATEPATHの部分をSTYLESHEETPATHに変更します。

 

あとは分岐させた先の各テンプレートファイルに、通常と同じくコーディングをしていくだけでOKです。

 

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

コメントはこちらから

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】