0%

Photo & Video動画・フォトレッスン

Posted:2018.04.27

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

これまでの記事で、一眼レフでの写真撮影において明るさを決める項目である「F値」「シャッタースピード」「ISO感度」の3つを説明してきました。また、写真の明るさ(露出)を調整する機能はこれ以外にもあります。今回は補助的な露出である「露出補正」と露出の基準点を決める「測光」についてまとめていきたいと思います。

(過去記事)
【一眼レフカメラの基本設定】F値(絞り)について
【一眼レフカメラの基本設定】シャッタースピードについて
【一眼レフカメラの基本設定】ISO感度について

 

カメラの露出を撮影者のイメージに合うよう調整する露出補正

これまでにもまとめてきました通り、一眼レフカメラでの撮影では「F値」「シャッタースピード」「ISO感度」の数値で明るさ(露出)が決まります。

 

これらはマニュアルモードでは全て撮影者が自由に設定することができるのですが、それ以外の絞り優先やシャッタースピード優先モードなどでは、カメラ側が適正な露出を判断して撮影するケースがあります。この時にカメラに内蔵されている「露出計」と呼ばれるもので露出が測られ決定します。

 

露出計によって露出が自動的に決まるため、撮影者がイメージする明るさとカメラの適正露出に差があるときもあります。そこで撮影者側で明るさを後から微調整できる機能が露出補正です。つまり、撮影者側で適正露出を管理することができます。露出補正を下げる( – にする)と暗くなり、反対に露出補正を上げる( + にする)ことで明るくなります。

 

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

 

また、露出補正での明るさ調整はカメラ側の設定で行うことができます。これらは撮影中でも調整をすることが可能です。

 

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

 

 

露出補正で適正露出に近づけていく

その写真にとってちょうどいい明るさ、つまり肉眼で見たときと変わらない明るさで撮影されていれば「適正露出」となります。この適正な露出と比べて写真が暗い場合は露出アンダーと言います。逆に写真が明るすぎる場合は露出オーバーと言います。

 

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

 

露出アンダーの時には露出補正を上げることが必要になり、それとは反対に露出オーバーの時には露出補正を下げることで適正な露出に近づけていく形になります。

 

また、適正露出に近づけるだけでなく、あえて写真の表現に合わせて露出アンダーや露出オーバーにすることもあります。例えば露出オーバーにすることで軽やかで柔らかい印象を表現したり、露出アンダーにすると重厚感や迫力を出すことも可能です。

 

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

 

被写体の明るさを決める基準となる測光

測光とは撮影をする時に適正な露出になるよう、被写体の明るさを計測することです。測光を行うことで被写体に対して適正露出で撮影することが可能です。測光はカメラに入ってきた光を読み取ることで行われるのですが、この時にどこの光を基準に測光するのかを設定することが可能です。カメラの機種によっていろいろありますが、ここでは下記の測光方式を説明していきます。

 

評価測光 全体を分割しそれらを基準に平均してから測光し露出を決定します。一般的な測光の方式でいろんな撮影パターンに使えます。
部分測光 ファインダーの真ん中あたりのエリアに対して測光します。明度差がある場合などに有効です。
スポット測光 ファインダー中心部を基準にスポット的に測光します。被写体に対してより限定的に露出を決めたい時に使います。
中央部重点平均測光 ファインダーの中心を重点に、それ以外の全体を平均して測光します。被写体を中心にバランスよく測光することができます。

 

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

 

この測光方式はカメラの設定で切り替えることができます。撮影シーンに合わせた測光方式を選択します。

 

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

 

測光で得た露出を固定できるAEロック

このように測光では計測のポイントがファインダーの中心を基準にされているものもあるので、構図によってはどうしても中心以外で測光したいケースもあります。そんな時に一度測光した露出を固定することができます。この機能をAEロックと言います。

 

AEロックの使い方ですが、まずは測光したい対象を中心に持っていき、測光の基準点に対象を合わせます。

 

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

 

そして、カメラについている「AEロック」ボタンを一度押して測光し、露出を固定させます。(AEロックの方法についてはカメラによって異なる場合もあります)

 

【一眼レフカメラの基本設定】露出補正と測光について

 

そして撮影したい構図に戻して、シャッターを切るとAEロックで得た露出で、撮りたい構図に合わせて撮影することができます。

 


 

明るさというのは写真にとって重要な要素の一つになります。F値・シャッタースピード・ISO感度で大まかに明るさを決めたら、あとは露出補正や測光などで露出をコントロールするとよりイメージに近い明るさに仕上げることができます。

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】