0%

DevelopWEB開発・運用ノウハウ

Posted:2018.01.04

Apple Configurator2でウェブアプリをURLで配信する

先日参加してきましたアプリに関するセミナー(過去記事「【レポート】セミナー『デザイナーがおさえておきたい、アプリの未来とwebの関係』に参加してきました 」を参照)でお話しに上がっておりました、Apple Configuratorというアプリを使ってウェブアプリをストア経由ではなくURLリンクを使って配信する方法です。

 

Apple Configuratorとは

Apple ConfiguratorはiPadやiPhoneなどのデバイスを管理するためのアプリケーションです。USBに接続して複数のデバイスの設定を一括で行うことができます。例えばパスコードの管理やインストールアプリなどの設定が可能となるので、企業内で使用する端末の管理に使われます。

Mac App Store
【Apple Configurator 2】

 

このようにApple Configuratorはいろんな機能を備えているのですが、今回はこの機能に含まれている「Webクリップ」作成機能を使ってウェブアプリをストア経由ではなくURLリンクを使って配信していきます。

 

まずは上記リンクからApple Configuratorのアプリをインストールします。紫の丸いアイコンが目印ですね。

 

Apple Configurator2でウェブアプリをURLで配信する

 

Webクリップ用のアイコンを作成

Apple Configuratorのインストールが完了したら、先にWebクリップのアイコンとして表示される用の画像を用意しておきます。適宜アプリにあうデザインでpng形式で書き出します。サイズは幅180px高さ180pxにしておきます。ここまでできれば準備完了です。

 

Apple ConfiguratorでWebクリップを作成していく

まずはApple Configuratorを立ち上げ、メニューから「ファイル」→「新規プロファイル」を選択します。ウィンドウが表示されますのでサイドバーより「Webクリップ」を選択すると右側の画面が切り替わり、表示される「構成」をクリックします。

 

Apple Configurator2でウェブアプリをURLで配信する

 

適宜内容を設定し保存します。そうすると作成したプロファイルが.mobileconfigという拡張子のXML形式で書き出されます。そしてこのXMLファイルをエディタで開き、下記のコード部分を適宜編集してファイル名をつけて保存します。

 

Apple Configurator2でウェブアプリをURLで配信する

 

〜省略〜

<key>PayloadDisplayName</key>
 <string>(ここにWebクリップインストール時の名前を入力します)</string>
 <key>PayloadIdentifier</key>

〜省略〜

 

こうしてできたファイルをサーバーにアップロードもしくはメールに添付して、ブラウザでアップロードしたURLにアクセスします。もしくは直接添付ファイルを開きます。

例)http//example.com/(WebクリップのXMLファイル名).mobileconfig

 

今回はサンプルとしてウェブアプリではなくウェブサイトでやってみました。まずブラウザでURLにアクセスした場合ですと、このようにアラートが表示されますので「許可」を選択します。

 

Apple Configurator2でウェブアプリをURLで配信する

 

画面が切り替わり、先ほど作成したプロファイルが表示されているので、右上の「インストール」をタップします。

 

Apple Configurator2でウェブアプリをURLで配信する

 

インストールが完了すると画面にステータスが表示されるので「完了」をタップします。

 

Apple Configurator2でウェブアプリをURLで配信する

 

ホーム画面に戻ると設定したアイコンが表示されWebクリップが作成されているのがわかります。

 

Apple Configurator2でウェブアプリをURLで配信する

 

開いてみるとブラウザで閲覧するときとは異なりアドレスバーが隠れてフルスクリーンで表示されます。よりアプリっぽくなりますね。ちなみにウェブサイトの場合ですと、一部CSSが適用されなかったり、リンク要素についてはブラウザが立ち上がる仕様になります、、なのでウェブアプリでもシングルページアプリケーションのような形が適しているのでしょうね。

 

Apple Configurator2でウェブアプリをURLで配信する

 

いかがでしょうか、ネイティブではなくウェブアプリ限定となりますが、モックアップやデモ版などでしたらこのような配信方法ですぐに確認できるので便利なのではないでしょうか。ちなみにこの方法はiOS限定となりますので、Androidなどのアプリは対象外となりますので注意が必要です。ストアからの配信は手間も時間もかかるので上手に使いこなすことがポイントになりますね。

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】