VPSでWordPressサイトを運用するサーバー構築(17)〜FTPサーバーのインストール〜 | 大阪市天王寺区SOHOホームページ制作 | デザインサプライ-DesignSupply.-
0%

DevelopWEB開発・運用ノウハウ

Posted:2017.08.30

VPSでWordPressサイトを運用するサーバー構築(17)〜FTPサーバーのインストール〜

これまでの作業でサーバーへのファイルアップロードは基本的にSSH接続でのファイル転送(SFTP)で行なっていました。ただしこのままですとFTP接続でのファイル転送ができないのでFTPサーバーのインストールと設定を行なっていきます。

 

1. FTPサーバーのインストールと設定

1-1. 下記コマンドでFTPサーバーをインストールします。途中で確認が入るので「y」を選択して進めていきます。

# yum install vsftpd

 

1-2. FTPサーバー(vsftpd)のインストールが完了したら「/etc/vsftpd/vsftpd.conf」のバックアップを取りvimエディタで編集していきます。

# vim /etc/vsftpd/vsftpd.conf

 

1-3. FTPサーバーの設定ファイルである「vsftpd.conf」の内容を下記の通り編集していきます。以下の表記は(変更前 → 変更後)になります。

// 匿名ユーザーのログイン無効化
anonymouns_enable=YES → anonymouns_enable=NO

// FTPのコマンドログを出力
xferlog_std_format=YES → xferlog_std_format=NO log_ftp_protocol=YES

// ASCIIモード転送の有効化
#ascii_upload_enable=YES → ascii_upload_enable=YES
#ascii_download_enable=YES → ascii_download_enable=YES

// FTP接続時のバナー表示
#ftpd_banner=Welcome to blash FTP service. → ftpd_banner=Welcome to blash FTP service.

// 上位ディレクトリ参照の有効化
#chroot_local_user=YES → chroot_local_user=YES
#chroot_list_enable=YES → chroot_list_enable=YES
#chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list → chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list

// ls -R コマンドの使用可
#ls_recurse_enable=YES → ls_recurse_enable=YES

// ローカルタイムの適用
use_localtime=YES を追記

// リスト内のユーザーにアクセスを限定
userlist_deny=NO を追記

// SSL通信の設定
rsa_cert_file=/etc/pki/tls/certs/vsftpd.pem を追記
ssl_enable=YES を追記
ssl_ciphers=HIGH を追記

// パッシブモードの有効化
pasv_promiscuous=YES を追記
pasv_min_port=50000 を追記
pasv_max_port=50030 を追記

 

1-4. 下記コマンドでSSL通信時の証明書を「/etc/pki/tls/certs/」に移動してから作成します。

# cd /etc/pki/tls/certs/
# make vsftpd.pem

 

1-5. 証明書ファイルである「vsftpd.pem」の作成が始まり、下記の項目を入力していくことになります。

Country Name → JP
State or Province Name → osaka(都道府県名)
Locality Name → osakacity(市区町村名)
Organization Name → designsupply(組織名)
Organizational Unit Name → devteam(所属部署名)
Common Name → [NAME](名前もしくはサーバーホスト名)
Email Address → [MAILADDRESS](メールアドレス)

 

1-6. 「/etc/pki/tls/certs/」配下に「vsftpd.pem」の証明書ファイルが生成されているかを確認します。

 

1-7. 「/etc/vsftpd/」配下に「chroot_list」ファイルを下記コマンドで生成します。(中は空っぽでOK)

# vim /etc/vsftpd/chroot_list

 

2. FTPユーザーの作成とfirewalldの設定

2-1. 下記コマンドでFTPユーザーを作成し、パスワードを設定します。

# adduser --home /var/www --shell /sbin/nologin [FTP_USERNAME]
# passwd [FTP_USERNAME]

 

2-2. 作成したFTPユーザーを「/etc/vsftpd/user_list」へ追加します。vimエディタで開き、下記の通り追記します。

# vim /etc/vsftpd/user_list

--------
# If userlist_deny=NO, only allow users in this file
# If userlist_deny=YES (default), never allow users in this file, and
# do not even prompt for a password.
# Note that the default vsftpd pam config also checks /etc/vsftpd/ftpusers
# for users that are denied.
[FTP_USERNAME]   // 追加したFTPユーザーを追記
--------

 

2-3. サーバー起動時に自動的にFTPサーバーが起動するように下記コマンドで設定し、引き続いてFTPサーバーを起動させる

# systemctl enable vsftpd
# systemctl start vsftpd

 

2-4. 下記コマンドでFTP接続に関するfirewalldの設定を行います。

# firewall-cmd --add-service=ftp --permanent
# firewall-cmd --add-port=20-21/tcp --permanent
# firewall-cmd --add-port=50000-50030/tcp --permanent
# firewall-cmd --reload

 

2-5. FTPクライアントツールでFTP接続し、ファイルの転送ができるかを確認します。

 


 

これでFTP及びFTPS接続でのファイル転送ができるようになりました。あまり使用するケースはないかもしれませんが、できるようにしておくと何かと便利ではないでしょうか。

 

(参考)
さくらVPSでFTPを使える様にした
さくらVPSにFTPで接続する(CentOS+vsftpd)

 

 

 

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】