0%

DevelopWEB開発・運用ノウハウ

Posted:2017.08.14

VPSでWordPressサイトを運用するサーバー構築(11)〜MySQLサーバーのインストール〜

HTTPサーバー周りは整い、ウェブサイト自体は表示できるようになりましたが、WordPressの場合はデータベースも必要になります。そこで引き続きMySQLサーバー(DBサーバー)もインストールしていきます。

 

1. MySQLサーバーのインストール

1-1. CentOS7ではデフォルトでmariaDBというデータベースになっています。念のため下記コマンドで確認しておきます。

# rpm -qa | grep maria
 // mariadb-libs-5.5.52-1.el7.x86_64 などと表示されればOK

 

1-2. mariaDBとMySQLDBとの競合を防ぐために下記コマンドでmariaDB本体と関連データフォルダを削除しておきます。

# yum remove mariadb-libs
# rm -rf /var/lib/mysql/

 

1-3. 下記コマンドでMySQLリポジトリを追加して、MySQLサーバーをインストールしていきます。

# yum localinstall http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm
# yum install mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities

 

1-4. インストールが終わったら正常にインストールが完了しているかを確認します。

# rpm -qa | grep mysql
# mysqld --version

 

1-5. 先述のmariaDB本体と関連データフォルダを削除する際にpostfixも一緒に削除されてしまった場合は、下記コマンドでインストールしておきます。

# yum install postfix

 

1-6. 下記コマンドでMySQLサーバーの初期化を行い、合わせてサーバー起動時に自動でMySQLサーバーが起動するようにしておきます。

# mysqld --user=mysql --initialize
# systemctl enable mysqld.service

 

1-7. 下記のコマンドでMySQLサーバーを起動、停止、再起動のテストを行います。

# systemctl start mysqld.service
# systemctl stop mysqld.service
# systemctl restart mysqld.service

 

2. MySQLデータベースのrootユーザー設定を行う

2-1. MySQL 5.7ではrootユーザーの初期パスワードが自動で作成されます。「/var/log/mysqld.log」内に下記のように記載されているので確認しておきます。

[Note] A temporary password is generated for root@localhost: 初期パスワード

 

2-2. 下記コマンドでMySQLの初期設定を行います。まとめて次の項目を設定していきます。

 ・rootユーザーのパスワードを初期設定のものから変更
 ・VALIDATE PASSWORD プラグインのインストール(パスワード強度のポリシーに準拠したパスワードの設定)
 ・anonymousユーザーの削除
 ・testデータベースの削除
 ・リモートホストからのrootユーザーログイン禁止

# mysql_secure_installation

 

2-3. 次の流れで初期設定を進めていきます。

 1. Enter password for user root: 初期パスワード(ログファイルで確認したもの)を入力します。
 2. New password: 新しいパスワードを入力します
 3. Re-enter new password: 確認のため再度入力します
 4. VALIDATE PASSWORD プラグインのポリシーを適用するかを確認 、yで進みます
 5. ポリシー(パスワードの強度を選択)→0 = LOW, 1 = MEDIUM, 2 = STRONG: 数字を入力します
 6. New password: ポリシーに合わせて新しいパスワードを入力します
 7. Re-enter new password: 確認のため再度入力します
 8. Remove anonymous users? → yでanonymous ユーザーを削除します
 9. Disallow root login remotely? → yでrootユーザーのリモートログインを禁止します
 10. Remove test database and access to it? → yでtestデータベースを削除

 

2-4. MySQLの設定ファイルを編集します。「/etc/my.cnf」をエディタで開いて下記の項目を追記します。

character-set-server = utf8
default_password_lifetime = 0

 

2-5. MySQLにrootユーザーでログインできるか確認します。下記コマンドを入力後、パスワードを入力します。

# mysql -u root -p

 

2-6. ログインに成功すると下記を入力します。以下のようなデータベースが表示されるかを確認します。

show databases;

+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| sys                |
+--------------------+

 


 

以上MySQLサーバー(データベースサーバー)のインストールとrootユーザー設定までを一通りを行いました。少しややこしいところもありますがひとつ一つ行っていけば問題ありません。これでWordPressがインストールできるようになるのですが、コマンドラインでデータベースの操作を行うのは少しハードルが高いです。そこでブラウザから簡単にデータベースを操作できるGUIツールの準備を次回はしていきます。

 

(参考)
CentOS 7 に MySQL 5.7 を yum インストールして初期設定までやってみた
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル:パスワード検証プラグイン
MySQL 5.7 をインストールしたら最初に行うセットアップ

 

 

 

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】