デザインワークショップSuplog

2016.09.23

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

Pocket

このデザインワークショップでは過去に、「ベースメイク」「ポイントメイク」「ポートレート写真」のレタッチをテーマに記事をあげましたが、第4回目となる今回は「特殊メイク」のような効果を出してみたいと思います。これまで同様にPhotoshopを使って進めていきます。

 

※前回記事はこちら

【デザインワークショップ】vol.2 モデル写真のレタッチ(ベースメイク編)

【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

今回のワークショップで使用する写真はこちらです

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

特殊メイクにもいろんな種類がありますが、このワークショップでは「ゾンビ」をイメージしたデザインにしていきます。

 

STEP1. 全体の色調を調整する

1. スマートフィルターの「色相・彩度」で写真の彩度を下げる

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

2. 薄いライトブルーの塗りつぶしレイヤーを素肌の部分のみに適用し、ソフトライトで重ねる

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

STEP2. 特殊メイクを施していく

1. レイヤーを作成し、ブラシツールで目の周りにアイシャドウを入れて、焼き込みカラーで重ね透明度で馴染ませる

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

2. 目の部分をくり抜き、目の部分と歯の部分を焼き込みツールで白く強調させる

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

3. ブラシツールで瞳の部分を青く塗り、オーバーレイで重ねる

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

4. 唇の部分を選択し、赤黒い色の塗りつぶしレイヤーにマスクをかけ、オーバーレイで重ねる

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

5. 髪の部分を選択し、切り抜いて新しいレイヤーに分ける

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

6. 切り取った髪の部分のレイヤーに「色相・彩度」でブルー系の色をのせて彩度と明度を調整しハードライトで重ねて透明度を調整

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

STEP3. テクスチャを加える

1. ひび割れなどのテクスチャイメージ素材を素肌の部分に乗算で重ね、透明度を調整し馴染ませる

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

2. テクスチャイメージ素材に対してレベル補正をかけて、シャドウとハイライトを強調させコントラストを付ける

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

3. テクスチャイメージ素材に対して「ノイズ」を加えて雰囲気を出す

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

 

最後の仕上げとして、全体的にハイライトとシャドウを覆い焼きツールと焼き込みツールで加え、背景にはそれっぽい写真を合成すると完成です。

 

【デザインワークショップ】vol.12 モデル写真のレタッチ(特殊メイク編)

 

今回は廃墟をイメージさせる写真を使ってみました。

 

 

いかがでしょうか、今回のような写真加工は使うシーンが限られていますが、ちょっとした工夫で面白いイメージに仕上げることができます。またこちらのワークショップで扱うテーマも募集していますので、こちらのメールフォームよりお気軽にご連絡ください!

 

Pocket

>>記事一覧に戻る